真夏だけど鍋で元気に☆

真夏だけど鍋で元気に☆.あきた森の宅配便さんから夏の天然山菜鍋セットが届きました!.秋田の山菜ガール @sansai.girl さんのことをソトコトの記事で読み、去年末に初めて年越しそばセットをお取り寄せして、しゃきしゃきの天然山菜に感動!ちょっと春は時期逃しちゃったけど、夏のこのセットは間に合いました!.天然みず、天然ふき、天然わらびのそれぞれの食感や味わいの違い、比内地鶏の柔らかい肉団子とスープ、おいしいおだしを吸った春雨、おいしかったです☆あく抜き済みなので調理も簡単です。真夏は火を使う料理から遠ざかりがちだけど、温かい汁ものをいただくと芯は冷えている夏の身体にはしみます。.山菜を採ってきてくれる名人やあく抜き作業をして届けてくれるスタッフさんたちのご苦労を思いながら、おいしくいただきました。感謝!.#あきた森の宅配便 #山菜ガール#天然山菜 #鍋 #夏だけど鍋 #ediblewildgreens #japnesefood #何の工夫もない写真ですみません

〔Instagramより〕

あきた森の宅配便さんから夏の天然山菜鍋セットが届きました!

秋田の山菜ガールさんのことをソトコトの記事で読み、去年末に初めて年越しそばセットをお取り寄せして、しゃきしゃきの天然山菜に感動!

ちょっと春は時期逃しちゃったけど、夏のこのセットは間に合いました!

天然みず、天然ふき、天然わらびのそれぞれの食感や味わいの違い、比内地鶏の柔らかい肉団子とスープ、おいしいおだしを吸った春雨、おいしかったです☆

あく抜き済みなので調理も簡単です。

真夏は火を使う料理から遠ざかりがちだけど、温かい汁ものをいただくと芯は冷えている夏の身体にはしみます。

山菜を採ってきてくれる名人やあく抜き作業をして届けてくれるスタッフさんたちのご苦労を思いながら、おいしくいただきました。感謝!

#あきた森の宅配便 #山菜ガール#天然山菜 #鍋 #夏だけど鍋 #ediblewildgreens #japnesefood #何の工夫もない写真ですみません


Instagram以外に記事が書けていませんが、じっくり書きたい記事もいくつかあるのでまたあらためて〜。

それでは、今日も Happy Phyto ☆

いざ北鎌倉!写真フィールドワーク。

〔Instagramより〕

今日は北鎌倉まできました。

これからみっちり写真を撮ってきます☆

#北鎌倉 #写真 #撮影#kamakura #photography


〈少しだけ追記〉

「北鎌倉たからの庭」という、お寺の参道奥の古民家を利用した素敵な場所があるのですが、そこでの写真フィールドワークに初めて参加してきました。

写真は難し楽しいです!明日からここにアップする写真が少しは上達しているでしょうか…?(笑)

それでは、今日も Happy Phyto ☆

サルスベリの花

いつの間にか満開に近づきはじめた、サルスベリの花。こちらも夏の代表ですね。きれい!.#花 #夏 #サルスベリ #百日紅 #flower #summer #crapemyrtle #サルスベリというけれど#猿はなんなく登るらしい#ゆきも歩けば花にあたる

〔Instagramより〕

いつの間にか満開に近づきはじめた、サルスベリの花。

こちらも夏の代表ですね。きれい!

#花 #夏 #サルスベリ #百日紅 #flower #summer #crapemyrtle #サルスベリというけれど#猿はなんなく登るらしい


それでは、今日も Happy Phyto ☆

ターシャ・テューダー 静かな水の物語

ターシャ・テューダーの映画を観てきました。アメリカ・バーモント州で夢のような庭を作り、生涯、自然とつながって生きた人。観る側も庭にいるかのような静謐で美しい映像に、人生は短いのだから楽しまなくちゃ、などのターシャの言葉がしみました☆台所に、お庭で摘んだお花をいけるターシャの姿、まるで静物画みたいでした。観に行けてよかった。.#ターシャテューダー #ターシャテューダー静かな水の物語 #映画 #tashatudor #astillwaterstory #movie #静かな喫茶店で生姜紅茶#映画も喫茶店も静か

〔Instagramより〕

ターシャ・テューダーの映画を観てきました。

アメリカ・バーモント州で夢のような庭を作り、生涯、自然とつながって生きた人。

観る側も庭にいるかのような静謐で美しい映像に、

人生は短いのだから楽しまなくちゃ、などのターシャの言葉がしみました☆

台所に、お庭で摘んだお花をいけるターシャの姿、まるで静物画みたいでした。

観に行けてよかった。

#ターシャテューダー #ターシャテューダー静かな水の物語 #映画 #tashatudor #astillwaterstory #movie #静かな喫茶店で生姜紅茶#映画も喫茶店も静か


それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!

ミニトマトに伸びる魔の手。

〔Instagramより〕

風で3ヶ所も折れたミニトマトその後。

折れた先が伸びて、

また赤い実をつけてくれた!やったー!!

と、思ったら…、

脇からからみつく魔の手が!!

わー、にーげーてー!

朝顔のツルが、7重にもからみついてました…。

一晩のうちに。。こ、こわいよう。

日当たりを思って置いていた場所でしたが、致し方なく移動しました。

〈教訓〉ツル性植物おそるべし。

#ベランダ菜園 #ミニトマト #夏 #朝顔 #vegetable #tomato #summer #morningglory #ツルが #からみつく #鳥よりも植物が天敵だったなんて #つる性植物 #すごいパワー #よい子たちの夏休み自由研究にいいよ

 

それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!

スベリヒユとコニシキソウ。

先日投稿した、スベリヒユ。

〈過去記事〉

雑草と言われている草でも…

https://happy-phyto-diary.com/purslane/

 

 

昨日、畑でも見つけました。

畑に生えているスベリヒユ。

今の時期、葉が成長してきています。

地面を這うように根を伸ばし、どんどん生えてくる強い草。

スベリヒユ科の一年草です。

 

〈スベリヒユの効能〉

スベリヒユは、日本では雑草扱いですが、英語圏では「purslane」(パースレーン)といい、身体に良いスーパーフードとして注目されています。

オメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸(亜麻仁油やエゴマ油などの主成分)や、ビタミンAを含んでおり、

整腸作用や免疫力アップ、抗酸化作用などが期待されると言われています。

薬膳では、五行草とも呼ばれ、清熱(身体の熱を取る)、袪湿(きょしつ・身体の湿邪を排泄する)などの作用があるとされます。

漢方では全草を乾燥させたものを「馬歯莧」(ばしけん)という生薬として、主に細菌性の下痢や渋り腹、湿疹などに用いるそうです。

梅雨も明け、温度湿度が高いこの季節、身体の熱を冷まし、身体にたまった湿気を流してくれるスベリヒユ、頼りになりそうですね。

〈似たような特徴のコニシキソウ。〉

そんなスベリヒユですが、よく似た植物があります。

それがこちら。

コニシキソウ。

コニシキソウ。トウダイグサ科の一年草です。

スベリヒユと同じように地面を這うように伸びていて、茎の色も薄い赤でよく似ていますね。

でも、こちらは茎などを傷つけると白い乳液が出て、皮膚につくとかぶれなどの症状が出るそうです。

一方、逆にこの特性を利用し「班地錦」(はんじきん)という生薬として血止めなどに使うなどのネットの記述もありますが、

まだ毒性など解明できておらず不明な点が多いので、誤って食べたりしないでくださいね。

 〈スベリヒユとコニシキソウの見分け方〉

では、この似たような外見のふたつの草をどう見分けるのでしょう。

ちょうど、畑にスベリヒユとコニシキソウが隣り合って生えていました。

左がスベリヒユ、右がコニシキソウ。

 

私の野草の先生のハーブ王子(山下智道さん)によると、

スベリヒユは

  • 葉が多肉質。肉厚。
  • 茎を折っても乳液は出ない。

コニシキソウは

  • 葉の厚みが薄い。
  • 茎を折ると白い乳液が出る。

これがポイントだそうです。ちょっと、私はコニシキソウをちぎって乳液を出すまでは、今回勇気が出ませんでしたが……(苦笑)。

スベリヒユとコニシキソウの特徴を知っていれば、安心してスベリヒユを摘むことができますね。

 


ということで、昨日摘んできました。

畑で摘んできたスベリヒユ。

スベリヒユは、若い葉の部分を主に食べます。生でも食べられますが、シュウ酸(ほうれん草などにもある成分)を含んでいてアクがあるので、加熱調理をおすすめします。

私は今回少し塩を入れたお湯で軽くゆでました。ゆで時間は1分くらいでOKです。おひたしにしていただきました。

少し酸味がありますが、粘り気のある食感でおいしいです。今の時期に出回るツルムラサキみたいな感じで、最近はまっています。

 

どこにでも生える野草。正しい知識を身につけて楽しめば、身近な植物への視線が変わってくるかもしれません。

それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!

(フィトテラピスト=植物療法士 cottonsnow)

緑のカーテンというけれど…

【今日の畑日記】.緑のカーテンというけれど….ベランダなら涼しさを感じると思われるゴーヤ。畑だと成長早くてツルがしゅるしゅる伸びて、逆に暑苦しいかも…笑。他のお花ちゃんとかにからまってるし、ツル性植物、すごい威力。ゴーヤの赤ちゃんはかわいいです。来週には大きくなってるだろうな。.スイカがどんどん実がなってきてます。今日もきゅうり、トマトすごいです。 夜から歌レッスンだったので、ちょうど良くおすそ分けできてうれしい。.引きあげてきたら午後はにわか雨。ここら辺はあまり大したことなかったけど(逆にもうちょっと降ってくれても…)大きな雹や局所的豪雨の降った地域も。春からの農作業に通いだして、自然災害のこと、より身近に感じるようになりました。.#畑 #農作業 #野菜 #夏#farm #vegetable #summer

〔Instagramより〕

緑のカーテンというけれど….

ベランダなら涼しさを感じると思われるゴーヤ。

畑だと成長早くてツルがしゅるしゅる伸びて、逆に暑苦しいかも…笑。

しゅるしゅる伸びていくゴーヤ。

 

他のお花ちゃんとかにからまってるし、ツル性植物、すごい威力。

お花ちゃん、にーげーてー!(逃げらんないけど

ゴーヤの赤ちゃんはかわいいです。来週には大きくなってるだろうな。

スイカがどんどん実がなってきてます。

地べたにゴロンゴロンなってるスイカ。

今日もきゅうり、トマトすごいです。 夜から歌レッスンだったので、ちょうど良くおすそ分けできてうれしい。

今日も収穫!ここのところ毎週同じような写真。

引きあげてきたら午後はにわか雨。ここら辺はあまり大したことなかったけど(逆にもうちょっと降ってくれても…)

大きな雹や局所的豪雨の降った地域も。

春からの農作業に通いだして、自然災害のこと、より身近に感じるようになりました。

#畑 #農作業 #野菜 #夏#farm #vegetable #summer

それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!

「人生フルーツ 〜Life is Fruity〜」

夕方から、久しぶりに映画を観に行ってきました。

愛知県の高蔵寺ニュータウンの一角、雑木林に囲まれた平屋に住む、建築家・津端修一さん90歳、英子さん87歳の夫婦のお話。

「人生フルーツ」

http://life-is-fruity.com/sp/

 

なんとなく、この映画は夫婦で観たほうがいい気がして、今日カタワレさんを誘って行ってきました。

…とても良かった!

 

落ち葉を拾い集めて土に還しながら、70種類の野菜と50種類の果物を育て、それを手しごとで料理したり。

「何でも自分でやってみることで気づくことがある」と、セーターやお孫さんが遊ぶドールハウス、ついたお餅に入れる灼印まで(!)手づくりする、工夫に満ちた暮らし。

そういう暮らしに心動かされることは織り込み済みだったのだけど、

それよりもなによりも、お互いに口出しするでもなく、でも同じ方向を向いて歩いている、そんな夫婦のあり方、

自分たちのペースと美意識を守って、「こつこつ、ゆっくり」と過ごしているお二人の姿に惹かれました。

穏やかで優しいけれど、暮らし方やお仕事には哲学や美学がある夫婦。

とくに修一さんは、風通しや緑を大事にした自分の設計が経済的観点からその通りにならないとわかると、

自らその近隣の土地を買い、苗を育て、自給自足に近い暮らしをし、開発で丸坊主の山にどんぐりを植える活動をする芯の強い人(活動を軌道に乗せたら、自分は一線を引いてしまうところも興味深い)。

英子さんも反対するでもなく、畑仕事や手づくりジャム、梅しごとなど自分でできることをこつこつとしていく。修一さんが好きなじゃがいものコロッケも、自分はじゃがいも苦手で食べないのにきちんと作る。

年老いてお互いを思いやるお二人の姿がとても美しく優しく響くのです。

映画のパンフレットと、お二人の書籍。

カタワレさんにはほとんど何も映画の情報を伝えないまま観たのだけど、実際自分のお仕事で舞台のニュータウン近くを訪れたり、修一さんの設計図の美しさに目を見張るなど、それなりに見応えを感じていた様子。やはり、ふたりで観に行ってよかった。

自然とつながって生きる中に、豊かさのヒントがあるとつねづね思っているけど、一方でなかなか丁寧な暮らしができそうもないことも、何か重しになっていた私。

でも、この映画を観て、「何をそんなに焦っているの。こつこつ、ゆっくりでいいんだよ」と、お二人に笑顔で言われている気がしました。

今は天国にいる修一さん、そして変わらずこつこつと暮らしている英子さん。いつも素晴らしい作品を生み出している東海テレビさん、ありがとうございます☆

人生、何を育てているかわからなくなるときもあるけれど、なにかしら育ててみたら、いつか果実になる。淡々と続く日々でも。

肩の力を抜いて、やれること、やって行こう。とりあえず、明日は燃えるごみの日だー。

(「人生フルーツ」、ポレポレ東中野でロングラン上映中です。気になる方はぜひ観てみてください)

それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!

真似したくなる野菜づかい。

暑くて、つい食べるものもおざなりになってしまう…。

そんな毎日(というか、今の私がそう)ですが、今日は行ってみたかったランチへ。

渋谷ヒカリエの中にあるd47食堂をプロデュースしている「D&DEPARTMENT PROJECT」の東京のお店があると聞き、気になっていたのです。

てくてく歩いて、環八沿いにあるそのお店に着いたのが14時くらい。

連休半ばの午後とあって、けっこう混んでましたが、広いテーブルの合席で座れました。

さんざん迷ってオーダーしたのがこちら。

東京産フレッシュハーブティー。 ローズマリーとミントが入ってます。

 

パンと焼きとうもろこしのポタージュ。

 

東京産の野菜をふんだんに使ったサラダプレート。

サラダプレートセット、パンとスープ、ドリンク付きで1350円。ドリンクは、フレッシュハーブティーにしてみました。

 

目に鮮やかな野菜!エディブルフラワーも乗っています。

月に一度、「dMARKET」という、近郊で採れた野菜が店頭に並ぶ日があるのだそうですが、まさに今日だったのです。

その野菜を使ったサラダプレート。

メニュー詳細は

・焼き茄子のマリネ
・ねりまめのアンチョビバターソテー
・いんげんのナンプラー炒め
・ミントきゅうり
・オクラのフリット
・さやか芋のじゃがバター
・人参のラペ
・横山さんのエディブルフラワー
・とうもろこしのグリル
・生ハム
・キウイフルーツ

〜D&DEPARTMENT PROJECT TOKYOのFacebookより〜

とっても盛りだくさんでした!

別角度から…。

実際にはとうもろこしのグリルはなかったかな…?その代わりか、加熱したミニトマトに何かソースを和えたものがいくつか入ってました。

とくに、焼き茄子のマリネはうす味でも茄子の風味が濃かったし、

練馬産の枝豆「ねりまめ」のアンチョビバターソテーはお酒が進みそうで、

人参のラペは、クミンか何かでスパイシーに仕上げてあり、これならお酢の苦手なうちのカタワレさんにもいいな、

など、唸りながら食べました。

いつも、うちは和食中心なのですが、これは真似したくなる野菜づかいでした!

焼きとうもろこしのポタージュも、とうもろこしの甘さが出ててほっこりするお味。オクラのフリットもおいしかったなぁ。

デザインや使い勝手の良い調理道具や家具、それからライフスタイルに関する書籍も置いてある面白いお店。

今日はこのあと、大好きな九品仏浄眞寺の五劫思惟阿弥陀如来像(通称アフロ仏)さまを観に行ってしまったので、カフェスペース以外は回らなかったのですが、

またゆっくり訪れたい、興味深いお店です。

今日は1万5000歩ほど歩きました!たくさん歩いて食べて、野菜パワーももらい、エネルギー充填の日。

それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!