歌い続けよう 〜 1

こんばんは。またご無沙汰のブログ更新です〜。

ほんとうは前回からのお題「センス・オブ・ワンダー」について、書こうとしていたのですが、なんだか激動の日々で、まとまって文章を書くことから離れてしまっていました。

それでも、今日は自分の誕生日(ソーラーリターン)ということもあり、なにか綴ってみようと、久しぶりにブログ投稿フォームに向かっています。

ここ最近、自分のキャリアデザインをするとか、振り返りをする時期にさしかかり、いろいろと自分の棚卸しをしています。

その一環で、自分の人生のバイオリズムをグラフにしてみる機会があり、だいたい大学入学からの人生を振り返ってみたのです。

そうしたら、自分でも気づいてはいたけれど、

「音楽から離れたら体調崩す」!

というのがはっきりと可視化され、なんだかそこに自分の本質、やりたいことがあるのだなぁということに強制的に気づかされました。これからどんなことがあっても歌っていきたいな、という思いが強くなりました。

今年は、ずっと所属してきたゴスペルグループから離れるという別れも経験し(前回投稿で転機と書いたひとつ)、かなり心境も環境も変化しました。

でも、このグラフをみながら、可能なかぎりは歌い続けようと心に決め、「まずは年末、ここ数年歌わせていただいているクリスマスコンサートを精一杯つとめる!」との思いを強くしていた矢先…

メールに、ゴスペルの師匠、亀渕友香さんが天国へ旅立ったとのお報せが届いたのでした。

長くなりそうな気配なので、次回へ続きます。

下の写真は、すでに友香さんが旅立たれた翌々日の朝焼け。台風が通過したあとの空。この日の午後に、訃報が届きました。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です