ブレイクタイムでのできごと。

今日は湿度が高かったですね〜。

午前中は農作業でしたが、熟れたミニトマトを探して上を向いているだけで、じとーっと汗が吹き出してきました。

きっとフィットネスやサウナに行くより効果がある野菜収穫。

「自然たっぷりの屋外サウナ!野菜のお土産つき!」みたいに売り出すのもいいかもなぁ、いや、熱中症なったら主催者側困るな、など、へんな妄想をしておりました。

暑いと思考回路もおかしくなりますね、きっと…。

 

そんなときは、日常から離れたところに少しでも逃避しに行きます。

氷カルピス。

東急世田谷線山下駅・小田急線豪徳寺駅近くの甘味処「おじか」で食べたかき氷。

この間東急世田谷線の「世田谷線散策きっぷ」でぶらりプチ旅をしたときにたまたま見つけたのですが、おかみさんひとりで切り盛りしている小さなお店でした。

暑い中歩いた後の氷カルピスは格別でした。そして、一緒に出てきた塩昆布の塩気、お茶を注ぎに来るタイミングにもおかみさんの心遣いが感じられて、うれしくなりました。

そして、別の日には、こちらへ。

カフェマメヒコの白玉入り豆かん。

カフェマメヒコ三軒茶屋店で、白玉の入った黒豆寒天を食べながら読書。

こちらはひとりで入るとだいたい大きなテーブルでの相席なのですが、いろんな人がくつろいだり思い思いの時間を過ごしていて、時々こっそり観察しちゃいます。

このときは、向かいの男性がPC作業の途中で季節限定の「紫陽花ロールケーキ」を頼んだのですが、運んできた店員さんが、

「これ、自分で初めて巻いたんです。けっこうきれいにできました。」

と言っていて、なんだか一気に場の雰囲気が温かくなりました。

食べた後、その男性もおいしかったよ、と一言。

こんな心の通ったやりとりに、ほっこりします。

ちょっとしたことだけれど、そこに愛やストーリーがある、と発見することで、ただの休憩時間がいつもの倍以上の価値になりました。

それでは、今日も Happy Phyto ☆ でした!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です